いさはや記 « - 諫早市長 宮本明雄(みやもと あきお)- 長崎県諫早市

諫早市長 宮本明雄(みやもと あきお)

このたび、諫早市では
新型コロナウイルス対策として


国の政策を待つことなく
市民の皆さまの安心安全を守るため


諫早市独自の、25億円超の緊急経済対策を行います。


経営支援対策のポイントは、


・飲食業を含めあらゆる業種を対象に


・法人および個人事業者に


支援を行う対策となっています。


内訳は下記の通りです。


(1)感染拡大防止策の強化
→学校教育施設や医療機関等への保険衛生用品の配備
6000万円


(2)中小企業経営の継続・安定化への支援
→大幅減収となった法人および個人事業者に30万円を限度とする給付金の支給
→新規融資制度の創設および保証料、利子の3年間全額助成
23億9000万円


(3)緊急的支出への対応
5000万円


引き続き、

感染防止を第一としながら

地域経済への影響の最小化に向けて取り組んでまいります。




 医療関係の方々をはじめ、私たちの日常を支えていただいているすべての皆様に心から御礼を申し上げます。ありがとうございます。


 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、政府は4月16日、緊急事態宣言の対象を全国へ拡大することを決定し、これにより、長崎県も5月6日まで対象区域となりました。


 これを受けて、小中学校については、5月6日まで臨時休校とし、市の公共施設につきましても同日まで、一部については、5月10日まで臨時に休館することといたしました。


 ご存知のとおり、市内でも一例の発生(4月20日までの時点の市民感染)が確認されております。


 本市における新型コロナウイルス感染症対策の管轄・窓口は、長崎県・県央保健所となっておりますので、引き続き、国や県などの関係機関と連携し、適切な対策を実施してまいります。


 本市としましても、対策本部を設置して必要な措置を検討し、各種支援策を準備しております。


 過去に経験したことがない事態に直面しているとの危機感を持ち、感染拡大の防止を第一としながらも、地域経済への影響を最小限に抑えるよう取り組んでまいります。


 市民の皆様におかれましては、これまでも、生活の維持に必要な場合を除き、不要不急の外出を控えるなどのご協力をいただいておりますが、この度の緊急事態宣言を受け、手洗いやうがい、咳エチケットなどの日頃の予防対策と健康管理の徹底を、あらためてお願いいたします。


 また、ゴールデンウイークを迎えるに当たり、感染拡大地域との往来を自粛するなど、皆様の責任ある行動が、「うつらない」、「うつさない」取り組みへと繋がります。


 くれぐれも、不確かな情報に惑わされることなく、お互いの立場や人権を尊重し、正確な情報に基づく冷静な行動をお願いいたします。


 市民お一人おひとりの思いやり、助け合いも大切です。


 全市を挙げて、この危機を乗り越えるべく、皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。



令和2年4月21日


新型コロナウイルス対策本部 本部長
諫早市長 宮 本 明 雄



最新の諫早市新型コロナウイルス対策についての情報・お知らせ・お問い合わせは、諫早市ホームページでご確認いただけます。





 

諫早市議会の、平成30年3月議会が始まりました。

 

以下、本会議の日程です。

 

 

2/23(金)
開会、会期決定、報告、質疑、議案上程・説明

 

2/28(水)
代表質問

 

3/1(木)~ 3/6(火)
一般質問

 

3/7(水)
議案質疑、委員会付託

 

3/20(火)
委員長報告、質疑、討論、採決、閉会

 

 

 

代表質問、一般質問において
来年度の予算案や、これからのまちづくりについて
諸産業、農業、教育、社会福祉など
私たちの生活に密着した課題について議論が展開されています。

 

 

地元の諫早ケーブルテレビなどで中継されていますので
ご覧いただければと思います。

 

 

 




 

先日発表された
最新の雇用統計(有効求人倍率・11月時点)では
諫早市は前年同月比+0.22の「1.67」となりました。

 

 

長崎県の平均が「1.27」

 

そして、全国平均が「1.56」

 

長崎県内トップで、諫早市だけが全国平均よりも高い値となりました。

 

 

諫早市では産業の振興に力を入れており
雇用環境はこの数年、一貫して県内トップレベルを維持し
宮本市政の取り組みの成果が確実に「形」として表れています。

 

一方、新たな課題として
人手不足という難題も表面化しつつあります。

 

 

これからも長崎県の経済活性化・雇用環境の改善を図るため
諫早市のポテンシャルを最大限に引き上げて
経済状況をさらに高めていく施策が求められています。

 

 

諫早市が将来にわたって
「希望と安心のまち」となり続けるため
宮本市長のまちづくりを力強く支援してまいります。

 

 




 

先日より 諫早市議会の平成29年9月議会が始まっています。

 

以下、本会議の日程です。

 

 

9/1(金)
開会、会期決定、報告、質疑、議案上程・説明

 

9/6(水)~ 9/12(火)
一般質問

 

9/13(水)
議案質疑、委員会付託

 

9/22(金)
委員長報告、質疑、討論、採決、閉会

 

 

 

一般質問において、これからのまちづくりについて
諸産業、農業、教育、社会福祉など
私たちの生活に密着した課題について議論が展開されています。

 

 

地元の諫早ケーブルテレビなどで中継されていますので
ご覧いただければと思います。

 

 

 




後援会事務所からのおしらせ




Facebookページ