諫早市サッカー場、供用開始! « - 諫早市長 宮本明雄(みやもと あきお)- 長崎県諫早市

諫早市長 宮本明雄(みやもと あきお)

 

サッカーJ2のV・ファーレン長崎の公式練習場としても利用される
諫早市のサッカー場が、なごみの里(市内多良見町木床)に完成し
8月1日から供用開始となりました。

 

 

V・ファーレン長崎のサッカー練習場建設に向け、
諫早市民6万人超の署名(熱い思い)が集まったことを受けて
昨年から整備されてきたものです。

 

 

天然芝のグラウンドは、ホームスタジアムである
トランスコスモススタジアム(県立総合運動公園陸上競技場)と
同じ芝生を使っていて、V・ファーレン長崎が優先的に利用します。

 

約230席の観客席もあり、
チームのクラブハウス建設も予定されています。

 

この拠点で、チーム力のさらなる向上を図り
V・ファーレン長崎が 益々活躍されますことを期待しております。

 

 

この諫早市サッカー場は
一般利用としてナイター照明も備えていて
子どもたちのサッカーやフットサルなどにも活用できます。

詳しくは、こちらの「諫早市サッカー場」をご覧下さい。

 

 

 




後援会事務所からのおしらせ




Facebookページ