形で見る宮本市政 « - 諫早市長 宮本明雄(みやもと あきお)- 長崎県諫早市

諫早市長 宮本明雄(みやもと あきお)

 

宮本市政の これまでの実績 や 成果 を で見ていきましょう。

 


 

道路

 

国道・県道・幹線市道の連携整備を進め、

 

主要渋滞箇所の改良や、長田バイパスの延伸、国道207号整備など、

 

県全体に波及する県央の交通拠点としての機能形成に取り組みました。

 

 


 

 

公共施設

 

 

市役所の新庁舎とともに、様々なイベントにも活用できる中央交流広場を

 

整備することで、中心市街地の賑わい創出を図りました。

 

各地域のふれあい会館の整備により、活発な地域活動を推進しました。

 

東部学校給食センターの整備により、

 

諫早市内全域の小学校・中学校の完全給食を実現しました。

 

 


 

 

スポーツ施設

 

スポーツの振興を図るため、とどろき体育館(高来)、

 

中央体育館(内村記念アリーナ、小船越)、

 

長崎県立総合運動公園陸上競技場(宇都)、市サッカー場(多良見)、

 

なごみの里運動公園のソフトボール場(多良見)などを整備しました。

 

また、現在、県央最大規模の野球場を建設中です。

 

これらの充実したスポーツ施設を最大限に活かし

 

スポーツコンベンションなどを活用した交流人口の更なる増加や

 

市内の経済活性化につながるような取り組みを推進しています。

 

 


 

 

文化防災

 

諫早市の歴史と文化を学び、市民の作品発表や情報発信をするための

 

諫早市美術・歴史館を整備しました。

 

市民の安全安心を守るため、デジタル防災行政無線の整備、

 

県央消防本部ならびに諫早消防署(鷲崎)の整備、

 

各地域の消防団研修所の整備、江ノ浦川(飯盛)の河川改修、

 

小長井港や唐比海岸の整備など、総合的な防災体制を構築してきました。

 

 




後援会事務所からのおしらせ




Facebookページ